« ダ・ヴィンチとトラス | トップページ | 北欧から来た絵師の萩焼 »

2006年2月24日 (金)

支笏湖畔で見つけた水の精の造形

Sikotu1 北海道で温泉といえば登別、湖といえば阿寒湖・摩周湖、秘境といえば知床、そのどれにも当てはまりそうなのに大きな観光コースから外れているのが支笏湖だと思います。支笏湖ファンとしてはそのほうがよろしいのですが・・・。

Ice4 その湖畔で見つけた水の造形。落ち武者が透明なカブトガニに姿を変えてひっそりと生きていたのに、数百年に1度の油断で姿をあらわにしてしまった。あわてて水に戻ろうとする一瞬を捉えました。

Ice1 空飛ぶ円盤に成りすました水の精が、満を持して大空へ向かって飛び出そうとした瞬間、湖畔で遊んでいたいたずら好きの少年が偶然突き出した草の槍に刺されてしまったというわけです。

多分インフルエンザだろうけれど、40度の発熱。子どものころにはあったかもしれないが、記憶にはありません。頭の神経回路がいかれちゃったかな?

にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。

|

« ダ・ヴィンチとトラス | トップページ | 北欧から来た絵師の萩焼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/817743

この記事へのトラックバック一覧です: 支笏湖畔で見つけた水の精の造形:

» 国民休暇村・・・支笏湖 温泉情報 [国民休暇村…お得な国民休暇村をどんどん利用しよう]
国民休暇村支笏湖温泉の温泉情報支笏湖温泉は、皮膚の表面をやわらかくして脂肪や分泌物を洗い流す効果が期待できる成分を含んでいるので、女性には特におすすめ。トロリとしたお湯に入れば、湯上がりにお肌がツルツルになることでしょう。また、筋肉痛や関節痛、五...... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 09時34分

« ダ・ヴィンチとトラス | トップページ | 北欧から来た絵師の萩焼 »