« 非破壊検査入門DVD | トップページ | 米国のつまようじブリッジ(1) »

2006年3月19日 (日)

日本初のジェットエンジン・ネ20の本

日本初のジェットエンジン・ネ20の戦後について以前に書きましたが、クライスター社による試験レポートが公表されることを期待していました。

Bookne20b先日、本屋でぶらぶらしていたら、ネ20に関する石澤和彦氏の著書が目に止まりました。この本はとっくに手に入れて、3DCGでネ20を再現するのに大いに参考にしていたものでした。しかし、何か違うと感じててにとって見ると、なんと増補版になっていて、クライスラー社による試験レポートについても図表を含めて18ページに渡って収録されていました。

さらに、2001年7月にスミソニアン航空博物館で分解されたときの写真が13ページに渡って収録されていました。さらに、現在国立科学博物館が所蔵しているネ20の図面が、30枚収録されていました。さらにもうひとつ、第2次世界大戦中にドイツから潜水艦に乗せられて運ばれたBMW003Aの図面から当時コピーされた図面も収録されていました。

あとの中身は同じであるようだったけれど、躊躇なくレジに向かっていました。CGによる再現の意欲が自然とわいてきました。

ただ、装丁が微妙に変わっていました。私は、ここにレビューを書きましたが、堂々とジェットエンジンの本にふさわしくしてほしかったのです。出版社も、考えてくれたのかな?同様な声も多かったと思います。

増補版では54ページも増えているのに、背の厚さは減っているのは何故でしょう。最近の出版界では、本を厚く見せるための配慮は常識だそうです。

|

« 非破壊検査入門DVD | トップページ | 米国のつまようじブリッジ(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/1092853

この記事へのトラックバック一覧です: 日本初のジェットエンジン・ネ20の本:

« 非破壊検査入門DVD | トップページ | 米国のつまようじブリッジ(1) »