« 「自然の中の黄金比=神秘」説のルーツ | トップページ | JAL123便御巣鷹山墜落事故から21年 »

2006年8月 8日 (火)

超音波探傷入門

超音波探傷をはじめとした非破壊検査が本業です。

技術者教育を模索する中で、はじめて超音波探傷を学ぶ人のためにソフトウエアを作リました。(社)日本非破壊検査協会から「超音波探傷入門」というテキスト本とともに発売されています。

Book超音波探傷に必要な基礎知識を、CG・アニメーションを使って、クリックしながら双方向で学べるようにしています。

また、垂直探傷や斜角探傷をパソコン上のバーチャル探傷器を使って体験できるようになっています。

Ut51航空機の材料に複合材が使われるようになって超音波探傷の重要性が増しています。発電所などでも損傷許容設計の考え方を採用するようになって、ここでも超音波が活躍します。

検査技術者になる人だけでなく、構造の安全にかかわる人、関心がある人は、超音波探傷について概要を知っていてほしいと思います。

詳しくはこちらに

にほんブログ村 科学ブログへ←ブログランキングに参加しています。クリックして応援よろしく。

|

« 「自然の中の黄金比=神秘」説のルーツ | トップページ | JAL123便御巣鷹山墜落事故から21年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/2983473

この記事へのトラックバック一覧です: 超音波探傷入門:

« 「自然の中の黄金比=神秘」説のルーツ | トップページ | JAL123便御巣鷹山墜落事故から21年 »