« ジェットエンジンに関する国家試験(資格) | トップページ | ブリッジコンテストの面白さ »

2006年9月24日 (日)

10周年 つまようじブリッジコンテスト

つまようじブリッジコンテストは、今年で10周年を迎えます。

Br200140 当初17.5キロだった記録は、昨年の9回大会では250キロの記録まで達しました。昨年は、250キロ以上の錘をかけることができなくて、2組を同点優勝にしました。今年は、競技台を改良して600キロまで架けられるようします。

競技台の改良に頭を悩ませていました。

米国のように空圧シリンダーを使うことも検討しましたが、壊れるときのインパクトが失われる弱点があります。やっぱり錘を落としたい。

600キロもの錘を落とすと、安全性の確保に工夫が要ります。矛盾する課題にあれこれ迷いました。ようやく設計が固まりました。製作にかかります。

これまでは、日本航空専門学校航空技術工学科のイベントとして、学校の体育館で開催していました。今年は、予選を学内で11月9日(木)に行います。

決勝は、11月19日(日)千歳市市民文化センターで「青少年のための科学の祭典千歳大会」のイベントとして行います。

一般からの参加もOKです。

今年は、テレビ局から番組にしたいとの問い合わせが複数来ています。

近日中に皆さんもおそらく知っているあの番組からのお知らせを、このブログに載せます。

にほんブログ村 科学ブログへ 1日1回クリックで応援よろしく。

|

« ジェットエンジンに関する国家試験(資格) | トップページ | ブリッジコンテストの面白さ »

コメント

SUBALさん、こんにちは。

このブログに親近感を覚えるのはこの「ブリッジコンテスト」もあります。
長男が高専にお世話になっていて、高専版ブリッジコンテストの校内予選を観戦したことがあるのです。高専といえばロボコンなんですが、こちらも見ていてはらはらドキドキ。
今年の大会は都城、本選には行けそうもありませんが校内の予選には呼んでいただけそう。楽しみです!

投稿: 271828 | 2006年9月25日 (月) 09時21分

 Subalさんこんばんは。パルテノン、黄金比は小休止。私の出番はないのでクリックで応援しております。去年緑の日に札幌に参りました。例年に無く暖かかった由。11月19日といえば寒いんでしょうね。大会の成功を祈念しております。

投稿: 北川成人 | 2006年9月25日 (月) 22時22分

271828さん 北川さん いつもありがとうございます。

ちょうど5年前です。私がHPデビューをしたころに、長岡高専の塩野先生と福井高専の吉田先生と3人でトライアングルのメール交換をするようになりました。

そこでの共通認識は、ロボコンにごしてブリッジコンテスト(ブリコン)の楽しさを普及しよう、ということでした。色々なことを楽しく議論しました。

特に吉田先生は、土木学会に働きかけて小委員会を作ったり、米国に渡米して先方のブリコン事情を体験的に調査されたりして、高専の中でのブリコンの普及に力をつくされてきました。いま、多くの高専で取り組むようになってきて、全国大会も昨年から開かれているようです。

3人で当初は四方山話のように、愉快にときに熱く語り合ってきた(いま271828さん 北川さんと黄金比を語り合っているように・・・)ことが、いま少しづつ現実になってきています。

私も、この10年目の年をひとつのエポックにしようともくろんでいます。

投稿: SUBAL | 2006年9月25日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/3566687

この記事へのトラックバック一覧です: 10周年 つまようじブリッジコンテスト:

« ジェットエンジンに関する国家試験(資格) | トップページ | ブリッジコンテストの面白さ »