« JAXA(5) 超音速エンジン試験施設 | トップページ | ターボジェットエンジン J34 »

2006年10月22日 (日)

Egg dropをTV番組で

TVチャンピオンという番組から企画の相談を受けています。

つまようじブリッジコンテストをヒントにして、身近な材料で力に耐える構造について、楽しみながら競う番組ができないか、ということです。

その中で、つまようじエッグドロップという競技ができないか検討をしています。

エッグドロップは、中に卵を入れて高所から落として卵が割れないような保護容器を工夫して作る競技です。紙で保護容器を作るのが多いようです。

その場合、要点は2つ。

1.空気抵抗を多くして、落下スピードを抑えること。

2.地面に衝突したときに、容器の変形もしくは破壊によってエネルギを吸収して、卵に衝撃力が伝わらないようにすること。

私も、かつて紙で経験しました。紙ですと、1の対策が有効でした。パラシュート型や、回転翼をつけてオートローテーションによって揚力を発生させたり、という工夫が見られました。

これをつまようじでやろうとすると、1の対策はほとんど無理でしょう。2の対策のアイデア勝負になります。米国で実施例がありました。

TVチャンピオン制作会社の女性担当者は、熱心でこまめにやり取りをしながら彼女自身良く勉強をしています。しかし、上層部の説得に苦労をしているようです。ゴールデンタイムの番組にするには、考慮しなければならないことも多くあるのでしょう。それにしても、力学に関する競技の面白さを伝えるのは難しいのだなぁ、と改めて感じています。まぁ、粘り強くやってみましょう。

にほんブログ村 科学ブログへ ←1日1回のクリックで応援していただけると嬉しいです。

|

« JAXA(5) 超音速エンジン試験施設 | トップページ | ターボジェットエンジン J34 »

コメント

 こんにちは、Egg dropは奥深そうな企画ですね。私も色々インターネット検索してみましたが、つまようじブリッジまでとはいきませんが、各地で実施されていますね。どのように衝撃を緩衝するか、本当にアイデア次第と思います。私の頭の中には、1つの案が描かれています。
 さて、私の方にも、製作会社から協力依頼がありました。日程も未定だったため、当初の参加申し込みには手を挙げませんでしたが、日程が合うようだったらということで了承しました。(予選会であえなく敗北しそうですが・・・。)
 担当者のかたと電話にて話をする度に、工学を身近なものとして企画するかの熱意が感じられる今日この頃です。

投稿: ya144 | 2006年10月22日 (日) 09時52分

ya144さん こんばんは
今日も仕事でした。貧乏暇無し。

Egg drop 私は息子が行っている宇宙少年団で体験しました。そのときは、普段のおそらく2倍の参加者がありました。お父さんたちの参加も多かったです。娘もキャッコロと喜んでいました。

この楽しさ、都の人の想像力の範囲にInputしたいものです。TVチャンピオンの制作会社のIさん、なかなか粘っこくていい味出してますね。

ぜひ、チャレンジしてください。

投稿: SUBAL | 2006年10月22日 (日) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/3913067

この記事へのトラックバック一覧です: Egg dropをTV番組で:

« JAXA(5) 超音速エンジン試験施設 | トップページ | ターボジェットエンジン J34 »