« ブリッジコンテスト 会場の様子 | トップページ | ブリッジコンテスト in 科学の祭典 »

2006年11月20日 (月)

アーチの座屈

ブリッジコンテストも終わり、今日は平常授業。明日からの非破壊検査資格の北海道地区実技試験会場になっているので、会場のセッティングをしました。明日は放射線透過試験・22日と23日は超音波探傷試験のレベル1とレベル2です(勤労感謝でお仕事ですな・・・)。

Winner 左の写真は、今年度優勝作品が250キロに耐えて、260キロに挑戦して壊れる直前のものです。

さすがに決勝ともなると、脚やヘッドのつくりの悪さで壊れるのは少なく、ほとんどが圧縮部材の座屈によって壊れています。

Buckling_arch アーチで挑戦した高校生の作品は、70キロの荷重に耐えて90キロをかけたところで、アーチの座屈の見本のような壊れ方をしました。簡単なgifアニメにしてみました。左の写真をクリックしてみてください。

これから、3年生の学生と壊れ方の分析をしていきます。

にほんブログ村 科学ブログへ ←1日1回のクリックで応援していただけると嬉しいです。3位です。2位に追いつきましたが抜けません。2位のKADOTAさんは駅伝もやるランナーとのことです。こちらは、運動不足のメタポロおじさん(;゚◇゚)。

|

« ブリッジコンテスト 会場の様子 | トップページ | ブリッジコンテスト in 科学の祭典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/4254122

この記事へのトラックバック一覧です: アーチの座屈:

« ブリッジコンテスト 会場の様子 | トップページ | ブリッジコンテスト in 科学の祭典 »