« ブログへのアクセス | トップページ | 動画を簡単にUP »

2006年11月 2日 (木)

つまようじブリッジ 新記録の予感

Cimg0224第10回つまようじブリッジコンテストに向けて、作品の製作が始まりました。

本年度は、競技台を改良したためレギュレーションを変えて、作品中央部にボルトが通る穴を開けなければなりません。このことが強度に影響することが考えられ、場合によっては、これまで続いてきた毎年の記録の更新はないことも想定していました。

昨年度の記録は、250キロ。これは、現場での感覚では、とんでもない迫力の荷重です。

Cimg0216新しい競技台の製作も大詰め。2年生が、試作品を壊しても良いからと持ってきました。こちらも、競技台の最終チェックにもなるので、荷重をかけてみました。

すると、あっさり昨年の記録である250キロをクリヤーして、270キロまで耐えました。280キロの錘を架ける過程で壊れました。これは、公式記録にはなりません。このサンプルとして壊した作品は、昨年度の作品を強化して改良したもの。今年の作品は、すでに色々な工夫が出てきています。今年も新記録続出の予感がします。

こちらに動画をアップしました。

競技台も、若干の改良点が見つかり修正しました。昨年より安全性が高まったという印象です。壊れるときの迫力も損なわれていない。よしよし。

にほんブログ村 科学ブログへ ←1日1回のクリックで応援していただけると嬉しいです。デザインを変えてから2位、いつまで?。

|

« ブログへのアクセス | トップページ | 動画を簡単にUP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/4045802

この記事へのトラックバック一覧です: つまようじブリッジ 新記録の予感:

« ブログへのアクセス | トップページ | 動画を簡単にUP »