« 超音波の定義(2) | トップページ | 青磁貫入に虹 »

2006年12月30日 (土)

虹は七色?

注文していた正月に読む本が今日届きました。その中で、15分で読み終えたけれど久々に眼からうろこの本があリました。

Cimg0748 板倉聖宣著「虹は七色か六色か」(仮説社)です。271828さんに教えてもらって購入しました。

スペクトルは連続しているのだから、どこで区切るかなんて人それぞれ、という話ではありません。米国では六色と教えられるようです。民族の繊細さという話でもありません。

にほんブログ村 科学ブログへ ←応援ありがとうございます。1位が見えてきています。最終コーナー、ディープインパクトのように・・・???

Spec虹ではありませんが、左の可視光線の帯、あなたは何色に見えますか。

“七色の虹が消えてしまったの。シャボン玉のような~”ロスプリモスの歌を持ち出すまでもなく、多くの日本人の常識は七色でしょう。

ところで七色って全部言えます?こちらのサイトに正解と暗記方法が載っています。

面白くて、考えさせられます。ニュートンさんにゆき着くのですね。そして科学と科学教育について視野は広がります。

|

« 超音波の定義(2) | トップページ | 青磁貫入に虹 »

コメント

SUBALさん、おはよう。

先日の大雨の後、赤城山にかかる大きな虹を見ました。20世紀の前半に生まれましたが、今までこんな時期にこんな大きな虹を見たのは初めてです。

投稿: 271828 | 2006年12月31日 (日) 04時03分

271828 さん
色々な話題ありがとうございました。
この虹の話題も刺激的ですね。
ぜひ板倉氏の本を多くの人に読んでほしいものです。
>赤城山にかかる大きな虹を見ました。
国定忠治は見たのでしょうか。
虹を見ると、なぜか嬉しくなります。もう大昔になりますが、女房殿と中国・九州を車で旅行しましたが、唐津の虹が浜、長崎の雲仙、大分の国見岳、山口の長門峡と各地で虹を見ることができました。「祝福されている」と勝手に思い込んだものです。

投稿: SUBAL | 2006年12月31日 (日) 09時21分

SUBALさん

> 国定忠治は見たのでしょうか。
 上州は雷雨の通り道なので、きっと彼も雨上がりの虹を沢山見たと思います。

 休み中、暇があったらニュートンの『光学』を読み返したいと思います。7色というのは、7=2^3-1で、1オクターブが8度音程であることから来ています。ニュートンにおける「ピタゴラス主義」の表れですね。
 ケプラーも太陽系を多面体モデルで考えていました。これもピタゴラスの呪縛。例の「黄金比」も同じでしょうね。

投稿: 271828 | 2006年12月31日 (日) 18時50分

271828さん
空気の弾性波の一部分を「音」としてその波長の違いを「高さ」として認識して、電磁波の一部分を「光」としてその波長の違いを「色」として認識する、人間という生物の面白さを改めて思います。類推も認識過程のひとつですから、ニュートンさんも、今から見るとおかしいということになるのでしょう。でもその後地球規模でそのニュートンさんの認識がどう伝えられたか、というお話で・・・とても愉快。(これ以上はやめておきます)

黄金比から始まりましたが、楽しかったです。来年もよろしくお願いします。

投稿: SUBAL | 2006年12月31日 (日) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/4724533

この記事へのトラックバック一覧です: 虹は七色?:

« 超音波の定義(2) | トップページ | 青磁貫入に虹 »