« シャルピー衝撃試験の振れ角と周期 | トップページ | JAVAと数学 »

2007年2月 8日 (木)

有人宇宙衛星遊び

昨日シャルピー衝撃試験のアニメをアップしましたが、それを見ているうちに記憶がよみがえりました。

Rote 今は見かけなくなりましたが、子供のころ左にあるようなぶら下がるシーソーが公園や学校の中庭にありました。

普通の遊びでは飽き足らなくなって、このシーソーを立てて一番はしにもぐりこんで腰掛けるようにして、数人で思いっきり回します。

そうすると、ぐるぐる回りはじめるのです。それで、何回回ったかを競いました。「俺は地球を6周した」「いやいや、こないだ俺は10周したんだぞ」

ときあたかも米ソが有人宇宙衛星を相次いで打ち上げ、宇宙開発競争をしていたころです。みんなガガーリン少佐になった気分でした。(年代ばればれ。?とっくにばれている?)

回転が止まる最後のとき、上で一瞬止まるようになって、後単振り子運動をします。そのとき、90度より上では、ずいぶんゆっくりだったことを、どきどき感とともに覚えています。

にほんブログ村 科学ブログへ ポチット応援よろしく。

|

« シャルピー衝撃試験の振れ角と周期 | トップページ | JAVAと数学 »

コメント

こんばんは
いつもいろんなことを考えさせてくれる記事なので,楽しみにしています。

器械体操の鉄棒競技に車輪という基本技があります。最下点で脚を進行方向に振って(アフリとかアオリなどと言います)加速しないと失速して上止点から反転します。ここから単振り子か?と,そううまくははいきません。

たとえばシャルピー試験機のハンマーアームをひっくり返し,刃の部分を回転軸に引っ掛けて回したら,スリット部が上を向いたときに落下するでしょう。鉄棒を握っているかに見える手は,実はプロテクタをはめた指先を引っ掛けているだけなので,スリットと同じでスルット抜けて落下します。
もっとも,うまく反転したとしても競技の鉄棒はしなるため回転軸が移動するから厳密な単振り子にはなりませんね。
なお,アフり過ぎると指先が遠心力に負けて第3宇宙速度を超え,飛んでしまいます。第2宇宙速度にコントロールできれば「コバチ」という技ができます。冗談ばかりで失礼しました。

重力,遠心力,慣性。文系だった僕が何故物理に興味を持つのか,ルーツを発見した気がします。

投稿: niwatadumi | 2007年2月 8日 (木) 21時55分

とんでもない天才はともかく、物理の勉強には危ない遊びの経験が必要だ、というのが私の持論です。

投稿: SUBAL | 2007年2月10日 (土) 00時50分

SUBALさん おはよう

SUBALさんと同世代なのですが、ぶらこの下がり型というか懸垂型のシーソーで遊んだことはありません。現在の安全基準に外れるので、遊動円木や回旋塔と並んで「絶滅危惧種」だと思います。
どこかで見かけたら是非高解像度で撮影して送って頂ければ嬉しいです。

投稿: 271828 | 2007年2月11日 (日) 06時24分

おはようございます。

>懸垂型のシーソーで遊んだことはありません。
えっそうなのですか。年代的に271828さんは大丈夫と思っていました。
>遊動円木や回旋塔と並んで「絶滅危惧種」だと思います。
そういえばみませんねぇ。
錘に紐をつけてまわして「遠心力ですよ」というよりは体感的でよいと思うのですが・・・。
>どこかで見かけたら・・・

私も呼びかけたいです。懸垂型シーソー、遊動円木、回旋塔、どこかにあったら教えてください。ブログに掲載しましょう。「朱鷺」の保護運動、とは行きませんが・・・。

投稿: SUBAL | 2007年2月11日 (日) 11時22分

こんばんは

271828さん>現在の安全基準に外れるので、遊動円木や回旋塔と並んで「絶滅危惧種」だと思います。

僕は少し下の世代です。僕が小学生の頃,回旋塔の片側に一人ぶら下がって反対側から大勢で持ち上げるという遊びがありました。あるとき大勢側がいっせいに手を離したら,反対側の子がつかんでいたチューブと支柱に指をはさまれて切断する事故が起こり,使用禁止になりました。誤った遊び方で起こった事故です。それで見かけなくなったことを疑問に思わないでいたのですが。

でも,今住んでいる家からそう遠くない公園にあるのを知っています。うちのムスメには回転+上下運動でサインカーブを体感(?)させたこともあります。

写真を撮ったらご連絡します。

投稿: niwatadumi | 2007年2月11日 (日) 19時41分

niwatadumi さん
事故が起きても良いのか、と問われると口ごもるところもあるのですが、危険な場所で危険な遊びを安全に遊ぶ、というのも知恵だと思うのです。この工業社会で人類がやっていることの多くはこれだと思うのです。安全は誰かが確保してくれるもの、という考えが蔓延するのはどうかと思います。

投稿: SUBAL | 2007年2月12日 (月) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/5256503

この記事へのトラックバック一覧です: 有人宇宙衛星遊び:

« シャルピー衝撃試験の振れ角と周期 | トップページ | JAVAと数学 »