« 「WiiAcc」3軸加速度測定ソフト完成 | トップページ | 「ねじ 基礎のきそ」 »

2007年2月23日 (金)

ターボジェットエンジンの展示スタンド

J47tb3 J47ターボジェットエンジンのタービンディスクとノズル(静翼)を展示用に磨いて、スタンドを作りました。本年度卒業する学生の献身的な努力で、熱で焼けてくすんでいたタービンとノズルはぴかぴかになりました。

J47tb2 タービンとノズルとの関係、速度三角形、衝動タービンと反動タービン違いなどが実物で明瞭にわかるようになりました。

J47tb1 ノズルには使用中に生じた熱疲労割れも数箇所にあります。

メカニカルに美しく、見ほれてしまいました。

にほんブログ村 科学ブログへ いつも応援ありがとうございます。

|

« 「WiiAcc」3軸加速度測定ソフト完成 | トップページ | 「ねじ 基礎のきそ」 »

コメント

一言。
見に行きたい!

>熱疲労割れも数箇所にあります
それこそ、実稼動の証。萌えるなあ・・・・

投稿: デハボ1000 | 2007年2月24日 (土) 11時49分

デハボ1000 さん
もし北海道に来られる機会がありましたらお立ち寄りください。
毎日見ていると、そのものの貴重さについての感覚が鈍くなるかもしれません。
単結晶のタービンブレードやチタニウム合金のファンブレード、1800MPaもの引張強さのあるNiCrMo鋼のボルトなどがごろごろしている実習室にいられる私は幸せものなのですね。

投稿: SUBAL | 2007年2月24日 (土) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/5464591

この記事へのトラックバック一覧です: ターボジェットエンジンの展示スタンド:

« 「WiiAcc」3軸加速度測定ソフト完成 | トップページ | 「ねじ 基礎のきそ」 »