« 絶滅危惧遊具 回旋塔 | トップページ | 0.1秒間の無重力 »

2007年2月14日 (水)

~遊具プロジェクトの挑戦~

NHK特集で、遊具と安全性を取り上げるようです。

今、全国で急速に子どもの遊具の“撤去”が進んでいる。気がつくと、ガランとした何もない殺風景な公園が目立つ。一度事故が起きると、遊具はすぐに撤去されていく。
「子どもから“遊び”を奪ってはならない。大事なのは、“遊び”の中で“危険”を回避するすべを学ばせることだ。」と専門家や市民たちの共同プロジェクトがスタートした。(NHKのホームページより

Wiiacc5 これは面白そうです。ダミー人形には加速度センサーが組み込まれているのでしょう。

Wiiリモコンに搭載されている3軸加速度センサーの値を取得するソフトは、平田さんの協力を得て順調に進んでいます。今週末には公開できるかもしれません。

にほんブログ村 科学ブログへ 1位に返り咲いていました。応援ありがとうございます。

|

« 絶滅危惧遊具 回旋塔 | トップページ | 0.1秒間の無重力 »

コメント

Wiiaccが5まで進んだんですね。表示もきれいになっていますね。すごいなー。ここ数日、ブログの更新が滞っていたのは、このためだったんですね。

ソフトのリリース、楽しみに待っています。

投稿: 平田 敦 | 2007年2月15日 (木) 00時00分

平田さん おはようございます。
ありがとうございます。
おかげさまで、大体考えていたものができそうです。PCの特性に依存するサンプリングタイムのゆれが課題でした。割と単純な方法で、時間軸を1/20秒以下の精度で校正できるようにできました。これはうれしかったです。20秒のデータを記録できるように作っています。もう少しです。

投稿: SUBAL | 2007年2月15日 (木) 07時12分

こんにちは。新幹線がトンネルを出入りするときの初圧力変動も確かこのような波形をしておりました。

投稿: KADOTA | 2007年2月15日 (木) 07時41分

SUBALさん、平田さん こんにちは

この加速度センサーのサンプリングは何ミリ秒なのでしょうか?
私の使いたい用途ではトータル20秒あればOKと思っています。
ソフトの完成を心待ちにしていますが、取得したデータをCSVで吐いてくれるととても嬉しいのです。

投稿: 271828 | 2007年2月15日 (木) 14時29分

KADOTA さん
波形の前半は、自由落下のときのものです。新しい記事にしてみました。

271828 さん
10ミリ秒間隔でサンプリングしていますが、計算等の処理時間がかかります。この処理時間はPCの状態によってhんかします。10ミリ秒間隔に近いところから25ミリ秒間隔程度になるようです。時間軸の校正することができますから、表示上は1/20秒以上ずれることはないだろうと予想しています。データを吐き出すこともできるようにする予定です。
私が今まで作ってきたソフトの中では、一番楽しいかもしれません。

投稿: SUBAL | 2007年2月16日 (金) 00時40分

私もデータのサンプリング(CSV化)を楽しみにしています。
これができたら、さっそくWiiのリモコンを買ってきます。
(Wiiはもちろんもっていませんが)

投稿: gwing77 | 2007年2月16日 (金) 13時10分

サンプリングのタイムラグ対策ですが、より正確な測定を望まれる方のために、グラフ表示をしないモードがあってもいいかもしれませんね。
そうすれば、ずいぶん処理は速くなるはずです。
精密測定モードってな名前にして。

どうですか?SUBALさん。

投稿: 平田敦 | 2007年2月17日 (土) 04時52分

皆さんおはようございます。

機能の実装はほぼ終わりました。あと少し整理の時間が必要です。デバグはあまりやれていませんが、マイクロソフト方式ということで・・・。

gwing77さん ようこそ
CSVとtxt形式でデータを吐き出せるようにしました。Wiiリモコンを購入しても良いかと・・・。岩田社長!お買い上げです(笑)。

平田さん
アドヴァイスありがとうございました。いいですね「精密測定モード」。コードで数行ですから、すぐやります。
グラフ表示に処理時間をなるべくとられないように工夫はしてあります。WiinRemoteの表示の仕方とは変えています。
どうも、PCのクロックスピードよりも周囲の環境の影響もありそうです。20秒のサンプリングに44秒かかるパソコンで、場所を変えると21秒を切ったりします。この辺???ではあります。

 

投稿: SUBAL | 2007年2月17日 (土) 07時17分

このページがNIFTYの「みんなのブログ」
「いま話題のブログ- 昨日アクセスが急上昇したココログ -」で1位になっていました。
皆さんありがとうございます。

http://www.nifty.com/

投稿: SUBAL | 2007年2月17日 (土) 07時23分

SUBALさま

お言葉に甘えて(?)Wiiのリモコン買って来ました。
(めずらしく本体も売っていて、話題のゲーム機も買おうかな?とも心が動いたのですが、止めました。)

私は大学の運動部(地方の弱小ですが)のOBなのですが、これを使って選手間の加速度の違いが測定できないか?と思っています。
世の中にはお金を出せばいろいろ測定器があるのですが、お金も知識も無いので、Wiiリモコンで測定できると面白そうなんですけどね。

公開されるのを心待ちにしています。

投稿: gwin77 | 2007年2月17日 (土) 18時48分

gwin77 さん
いろいろな使い方が想定されますが、スポーツでの応用も考えられますね。このブログに加速度センサユニットの広告がついていましたが、±4Gで5万円程度の価格がついていましたね。
本格的なものと同じにはならないでしょうが、目安にはなるかもしれません。Bluetooth-USBコネクタも必要になります。XP(SP2)以上のOSが入っているパソコンと・・・。

投稿: SUBAL | 2007年2月18日 (日) 02時13分

SUBALさま

gwin77とタイプミスをしてしまったgwing77です。
Wiiリモコン買ってきてWiinremoteで動作確認しましたが、あっさり認識されました。
(Bluetoothのアダプタは携帯電話の関連で以前買ったまま眠っていたので)

スポーツで使うにはセンサの測定レンジの関係もあって限定された使い方になりそうな雰囲気ですが、ダイレクトに加速度が測定されるのはいい感じでした。

WiiAccの公開を心待ちにしています。
(結構昨日の夜も何度か覗いてみたのですが・・・)

投稿: gwing77 | 2007年2月18日 (日) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/5344715

この記事へのトラックバック一覧です: ~遊具プロジェクトの挑戦~:

« 絶滅危惧遊具 回旋塔 | トップページ | 0.1秒間の無重力 »