« 書籍執筆 | トップページ | AirDoで上京しました »

2007年3月17日 (土)

FFTと声紋

面白いフリーソフトを見つけました。

WAVEファイルがあると、その声(もしくは音)を周波数成分で解析表示するソフトです。

にほんブログ村 科学ブログへ 1日1回のクリックで応援よろしく。

フリーソフトでこんなのまで利用できるのですね。

人間の声がどのくらいの周波数帯にあるのか、倍音のつき方などよくわかります。

Seimon 左の画像は、私の娘の3歳のときの声です。プログラムに取り込むのに「ここをクリック」といっています。

このプログラム「声門」といいます。

函館高専の先生が作ったもので、フリーソフトとしてこちらで公開されています。

ギジュツドットコムのG-softにあるフリーソフト「Hz」とともに使うと、音の勉強になります。「Hz」は、任意の周波数の音を発生させるソフトです。

|

« 書籍執筆 | トップページ | AirDoで上京しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/5726726

この記事へのトラックバック一覧です: FFTと声紋:

« 書籍執筆 | トップページ | AirDoで上京しました »