« ボルトが脱落?ボンバルディア事故 | トップページ | 書籍執筆 »

2007年3月15日 (木)

ボルト脱落防止策

ANAのボンバルディア機が高知空港で胴体着陸した件は、ドアを格納するアームに取り付けられたボルトが外れて、ブッシング(円筒形の部品)が外れて、引っかかったのが原因と結論が出たようです。

でも、なぜ外れたのかの追究は残っているはずです。通常は外れないようになっています。

ここで問題です。航空工場検査員国家試験平成15年「航空機用原動機」の中にある問題です。

次の文が正しいときには○誤っているときには×をつけなさい。

「となりあったボルトをロックワイヤーで結ぶとき、一方が締まる方向のときに他方は緩む方向に引かれるようにする。」

Lockwire1 左のようなボルトにはどのようにロックワイヤーを結ぶのが正しいでしょうか。

さて、正解は続きで。

にほんブログ村 科学ブログへ 1日1回のクリックで応援よろしく。

正解は○です。

Lockwire 本来の言い方では「一方が緩もうとするときに他方は締まる方向に力がかかるようにする」のですが、ちょっと惑わせる設問ですよね。

Lockwire 実際のロックワイヤー(セイフティーワイヤーとも言います)の写真です。

「絵とき ねじ 基礎のきそ」の中には、3章の3に「ねじの緩み止め」の項でそのほかのゆるみ止めの工夫がイラスト入りで説明されています。

|

« ボルトが脱落?ボンバルディア事故 | トップページ | 書籍執筆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/5702970

この記事へのトラックバック一覧です: ボルト脱落防止策:

« ボルトが脱落?ボンバルディア事故 | トップページ | 書籍執筆 »