« うれしいメール「つまようじブリッジ」 | トップページ | 2MHzの斜角探傷 »

2007年4月28日 (土)

超音波リモコンはなぜ消えた(5)

超音波リモコンを最初に作ったのは、1956年米国ゼニスエレクトリック社のロバート・アドラーでした。

Spacecommand 彼のリモコンは、4本のアルミの棒を叩いて超音波を発生させるものです。アルミの棒の長さを微妙に変えて周波数の違いを出しているとのことです。「Zenith Space Command」というネーミングで売り出されています。

1960年代には、日本にも棒を叩く方式のリモコンがあったようです。電波によるリモコンも開発されましたが、電波では隣の家のテレビを操作してしまう可能性があり、普及しませんでした。

空気中を飛ぶ超音波は、壁を越えて隣に伝わることはまずありません。音響インピーダンスの差が大きいからです。指向性も直進性もあります。リモート信号の媒体としては、有望なものでした。

F363qpit 日本では、サンヨーが1971年超音波を使ったテレビリモコンを発売しました。

懐中電灯のような形をしています。これがいつまで売られていたのかはわかりません。誤作動が多かったことが、その後の経過から推測できます。根拠はないのですが、20kHz前後の超音波を使っていたのではないかと推測しています。

Sanyorimocon2_1 1975年サンヨーは「新ズバコン」と名をつけて、超音波式のリモコンで操作するテレビを発売しました。売れっ子のキャンディーズをCM使って大々的に売り出しています。

その年、このリモコンを製造して販売する会社(日本セラミック株式会社)が創立(1975年6月)されています。(日本セラミック株のHPによれば、「三洋電機㈱と共同開発したテレビ遠隔操作器具の量産開始」が同年11月これから見ても「新ズバコン」は並々ならぬ自信と展望をもって発売されたことが読み取れます。

1971年に発売された超音波リモコン「ズバコン」とは、大幅に違うものができたということでしょう。では、何が画期的だったのでしょうか。

可能性のひとつは圧電材料の採用です。40kHzの超音波を発することができます。

もうひとつの可能性は、信号のデジタル化。圧電材料を使うと高周波の超音波を発することができますが、周波数はひとつに決まってしまいます。そうすると音が出ている(ON)出ていない(OFF)で0と1を組み合わせて信号を作るという発想につながりそうです。多分1971年のものに比べると、誤動作はずいぶん少なくなったのだろうと思います。(1971年のものは、特定の周波数の音を受信したらそれに対応する動作をした?)

その当時(1975年)のキャンディーズのヒット曲は「年下の男の子」、「LOVE 投げキッス~♪」と軽快に歌われています。座ったままでテレビに触れずにチャンネルが変えられる。まぁ、投げキッスですね。売れたようです。キャンディーズもこれ以降超売れっ子になっていきます。

それでも、誤動作がなくなったわけではなかった。

にほんブログ村 科学ブログへ1位が遠くなりました。ポチット応援よろしくお願いします。

Zubacon特に、金属がぶつかる音、ピアノの高い音などに超音波領域の周波数が含まれていたのでしょう。勝手にチャンネルが回る、ということがあったようです。

少なくともミリ秒のオーダーではインターバルを取っていたでしょうが、速いピアノの演奏では倍数で同期したなんてことがありそうです。

1977subacon デハボ1000さんの証言によれば、クレームに対してメーカーは新しいテレビと長い棒を送ってきたといいます。超音波の棒ではなく、木か金属の棒で操作して・・・ということです。多分これは1977年。サンヨーのカタログには、1977年にそれまでのダイヤルを回す式のチャンネルからタッチスイッチ式のチャンネルを装備したテレビが登場します。

ダイヤルを回す機構の破損回避(リモコンによってチャンネル切り替え頻度は高まったと思われる)、ON・OFFを繰り返すリモコン信号への対応からアナログ操作の象徴ともいえる、ダイヤルがテレビの前面から消えたのでしょう。

おそらくこの2年間に、超音波による信号の送受信で、周囲の超音波を拾って誤作動しない信号処理の方法が研究されたことでしょう。私は、圧電素子を使った超音波リモコンを市場にだすことによって、デジタル通信によるリモコンが始まり、誤動作への対応に追われながら進化をしていった、と見るのです。

そうこうしているうちに、この件でのその年、1978年を迎えるのです。

そう、1978年4月4日後楽園ホール、キャンディーズの解散コンサート、ではなくて、赤外線リモコンの開発です。赤外線リモコンの光源は発光ダイオード(LED)を使っています。リモコンにLEDが使われるようになって、LEDの価格が大幅に下がったといわれています。LEDと比べれば、超音波は立ち上がり特性も立ち下がり特性も格段に劣ります。デジタル信号の送信媒体としては、かないそうにもありません。リモコンのデジタル信号化を先駆けながら、颯爽と現れた赤外線LEDに主役の座を奪われた、ということでしょう。

キャンディーズが解散直前の1977年12月に発売したシングル「わな」では、2年前には「LOVE 投げキッス」と微笑んでくれていたのに「あいつは しくじった~♪」と何度も繰り返されます。そこまでいうか、という感じがします。

女心の変遷は男にはかりし知れないものがあります。美しき女性のココロを遠隔操作しようなどということはゆめゆめ考えてはいけません、ねぇご同輩。おあとがよろしいようで・・・。

注:よく読んでいただければわかりますが、一応の調査に基づく記述と、想像・推測の部分があります。実はこうだった、ということをご存知の方、ぜひ情報をお寄せください。

|

« うれしいメール「つまようじブリッジ」 | トップページ | 2MHzの斜角探傷 »

コメント

 なあるほど。デジタルに追い付けなかったわけですね。もっと周波数を上げれば? なんて思いましたが光にはかないませんね。
 電磁波では長波域で、デジタル通信しているらしいですが。減衰していくグラフを見たら変調させるんは無理っぽいですね。

投稿: クマ | 2007年4月30日 (月) 22時47分

クマさん こんばんは
あくまで想像なのですけれどもね。
長く引っ張った割には、そうたいした結論ではないかもしれません。
LEDの登場が遅ければ、超音波式リモコンが誤作動を克服して一般的に使われる一時期があったのかもしれない・・・というのが私の頭の中にある図式なのです。

投稿: SUBAL | 2007年5月 1日 (火) 02時52分

テレビ(それもN○K)のドキュメント番組風で,楽しめました。次回の長編「番組」にも期待しております。

投稿: niwatadumi | 2007年5月 1日 (火) 22時38分

niwatadumi さん
誤作動→超音波リモコン消えた説への疑問にしては長すぎて、しかも最後は尻切れトンボになってしまいました。
某所に問い合わせをしましたので、回答が来れば続編があるかもしれません。(まだやるの?の声が・・・笑い)

投稿: SUBAL | 2007年5月 3日 (木) 12時36分

家にもありましたズバコンなつかしいですねー
TVの近くでくしゃみや、大声出すとチャンネル変わるおもしろいTVでしたね(笑い) 

投稿: monsuri | 2007年9月15日 (土) 06時52分

monsuri さん おはようございます。

サンヨーはなぜか超音波が好きなメーカーです。
このズバコンは、テレビを変え、テレビのチャンネル権をめぐる家庭の様子を変え、面白くなければすぐチャンネルを変えられることから民放の番組の作り方を変えただけではありません。
リモコン信号のデジタル化の先駆けとなり、超音波リモコンのベースの上に登場した赤外線リモコンは当時出始めのLEDを使っていて価格を大幅に下げる役割を果たしているのです。

ある意味私たちの生活を大幅に変える技術的な出来事だったのですね。

このブログは、新居に引越ししました。新居にもお越しください。

投稿: SUBAL | 2007年9月15日 (土) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/6244530

この記事へのトラックバック一覧です: 超音波リモコンはなぜ消えた(5):

« うれしいメール「つまようじブリッジ」 | トップページ | 2MHzの斜角探傷 »