« 2MHzの斜角探傷 | トップページ | 超音波を発生させる笛 »

2007年4月30日 (月)

ガルトン笛

久しぶりにShadeで絵を描きました。

ガルトンの笛(Galton's whistle)です。19世紀にFrancis Galtonは圧縮空気を使って超音波を出す笛を作り、動物の超音波に対する反応を観察しました。空気では30kHzまで、水素を使って80kHzまでの超音波を出したと、文献にあります。

Galtonwhistleedelmanncg 今回のCGでは、Edelmannによって改良されて、1900年に110kHzを記録したというものを再現してみました。

    

    

にほんブログ村 科学ブログへ連休だけれど家でお仕事。ポチット応援よろしくお願いします。

新品のようには作れますが、使い込んだ味のようなものも出してみたいです。修行が足りません。

|

« 2MHzの斜角探傷 | トップページ | 超音波を発生させる笛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/6261043

この記事へのトラックバック一覧です: ガルトン笛:

« 2MHzの斜角探傷 | トップページ | 超音波を発生させる笛 »