« エキスポランド事故 検査員の資格 | トップページ | 見つけた美 »

2007年5月14日 (月)

遅い春

肩の凝る話題が続きましたので、今日は我が家の春について。

Sakura エゾ山桜は、まだ固いつぼみです。

Cimg1131 庭の片隅に咲いていた花。名前がわかりません。母親が高山植物が好きで、生前お祭りなどでよく買ってきて庭に植えていました。そのひとつだろうと思います。

植物の名前を、どうしてでしょう覚えられません。つれあい殿は、このところ山菜のおひたしを食卓に出します。で、必ず「これなぁ~んだ?」あてすっぽうをいって間違える私をからかって喜んでいます。名前はわからないけれど、山菜の香りはなんだか元気になります。

にほんブログ村 科学ブログへ←クリックしていただけると応援1票になります。たくさんの方が応援をしていただけているようです。ありがとうございます。

|

« エキスポランド事故 検査員の資格 | トップページ | 見つけた美 »

コメント

はじめまして。
白い花は、ナツズイセンだと思います。
山地の自生種。
昔はユリ科とされていましたが、系統関係を重視する現在の分類ではヒガンバナ科で、同じくヒガンバナ科のスイセンとは、名前から想像されるよりは遠い親戚です。花よりも葉の質感がスイセンに近いことから名づけられたのだと思います。
ネット検索でも直接的な項目としては引っかかりませんでした。
(自分のブログは読書中心で、理科や自然については記事を書いていませんが、このサイトは時々訪問させていただいてます。)

投稿: plant | 2007年5月15日 (火) 00時41分

plant さん ようこそ
ありがとうございます。ナツズイセンですか。
。いろいろな方に見ていただけていて、なんかうれしいです。時々季節の花の話題も取り上げたいと思っています。また教えてください。

投稿: SUBAL | 2007年5月15日 (火) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/6420869

この記事へのトラックバック一覧です: 遅い春:

« エキスポランド事故 検査員の資格 | トップページ | 見つけた美 »