« エキスポランド事故 破面のCG | トップページ | ボルトの超音波探傷 »

2007年6月11日 (月)

夜の花 藤

今夜の花は、藤です。我が家の庭の栗の木に絡み付いて咲いています。

Fuji:マメ科の木です。藤色とはこの色を言うのですね。藤原氏の流れを汲んで「藤」の付く苗字はたくさんいます。

Fuji2 万葉集にも藤を歌った歌がたくさんあるようです。藤の花を歌う場合、藤波と表現して、藤の花群が風になびいて波うつさまを読むものが多いようです。

その中の一首。

かくしてぞ 人は死ぬといふ 藤波の ただ一目のみ 見し人ゆゑに (作者不明)

その意味は

こうして人は死ぬというのですね。藤の花のような、ただ一度だけ見たあの人に恋して。

暗闇に咲く藤の花を見ていると、この気分共有できます。

Fuji3 もう一首。

藤波の、咲く春の野に、延ふ葛の、下よし恋ひば、久しくもあらむ(作者不明)

藤が豊かに咲く春の野に這うように延びている葛(くず)のように、人目につかぬように密かに恋していたら、想いがかなうまでにはずいぶんと時が経つでしょうね。

絢爛と咲き誇る藤の花のようすが目に浮かびます。栗の木の葉陰でひっそりと咲いている我が家の藤の花とは、ちょっと趣が違います。

にほんブログ村 科学ブログへ←1日1回クリックしていただけると応援1票になります。ポイントは伸びていますが、いま一歩1位に追いつきません。

|

« エキスポランド事故 破面のCG | トップページ | ボルトの超音波探傷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/6752938

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の花 藤:

« エキスポランド事故 破面のCG | トップページ | ボルトの超音波探傷 »