« 霧にむせぶ花火 | トップページ | エキスポランド事故の原因は解明されたのか? »

2007年8月 8日 (水)

8月7日は何の日?

実は、この記事昨日書くつもりでした。疲れて寝てしまいました。

1945年8月7日です。そうです、広島に原子爆弾が投下されて、人類史上例を見ない大量殺戮が行われた翌日です。

201d3  日本ではじめて開発されたジェットエンジンネ-20が、橘花に搭載されて初飛行に成功したのが8月7日だったのです。燃料には赤松の根を乾溜して作られた松根油が使われました。

千葉県木更津の飛行場です。

この8日後、終戦を迎えます。戦後、ネ-20開発の中心人物だった永野収氏は「ネ-20はあらゆる意味で未熟児であった」と述べています。

にほんブログ村 科学ブログへ←1日1回クリックで応援1票になります。夏ばて気味か?ランキング下がり気味です。

永野氏は、戦後「ガスタービンの研究」という著書を書き、当時のジェットエンジン開発の理論と実際を記録に残しています。先の言葉も、技術屋としての冷徹な評価とも受け取れます。

関係はないかもしれませんが、永野氏は戦時中自らの幼子を亡くしています。よちよち歩きだったかもしれないが、無限の可能性があった幼子の、絶たれた命に対する愛惜の念がこめられていた、と見るのもありかなと思っています。

|

« 霧にむせぶ花火 | トップページ | エキスポランド事故の原因は解明されたのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/7461271

この記事へのトラックバック一覧です: 8月7日は何の日?:

« 霧にむせぶ花火 | トップページ | エキスポランド事故の原因は解明されたのか? »